腕時計 買取査定時の注意点 付属品

ブランド品においては付属品は非常に重要な要素のひとつです。

腕時計の付属品

真贋鑑定においてはもちろんのこと、流通させる上で見栄えが大きく変わってくることも。

市場などではビニールに入った高級時計をよく見かけますが、やはり状態が良くても落札額が伸びにくくなります。

半面、商品状態がやや悪くても、付属品の箱や保証書がしっかり揃っており、付属品自体の状態が良ければ相場よりやや高値で落札されます。

ある程度、商品の見栄えが購買時の印象を左右していると考えられます。

特に腕時計に関しては付属品の有無が査定額に響きやすいのでしっかり査定時に確認すべきです。

時計の裏

逆に付属品がしっかり揃っていて、状態も良いのに商品に使用感がある、という場合もよく見られます。

箱など付属品を別に管理している場合、こういった状態が見られますが、商品と付属品が一致しないこともありますので、その点にも注意しましょう。