景気動向による金の価格変動

各国の生産・消費活動や投資にまつわる数字の拡大・縮小がもたらす金価格への影響とは

どの国でもインフレを抑えて生産・消費・投資などの経済活動を拡大していくことを目標とし、雇用や福祉の充実を目指しています。

過去にも景気が良くなることで金やプラチナの工業的な需要が増大し、金相場が上がっていく状況が見られました。

ジュエリー 相場

金やプラチナというと宝飾品のイメージが強いのですが、特にプラチナは触媒性能から工業用の需要が増えています。

また、景気動向が変わることによって工業用の金需要だけでなく、宝飾品への需要も増加。

また、インフレへのヘッジとして金投資が選ばれることがあり、相対的に金価格が上昇していくこととなります。

大別すると「景気動向による金相場の変動理由」としては工業用、宝飾品、投資商品としての需要の三つに分けられます。