為替要因による金相場の変動

ドル建てである金価格は、ドルの相場そのものが変動の理由となります

ドルと金相場

ドルが高くなると国債や株式、不動産の価値が上昇します。

これを購入しようとする動きから、投資資金が金以外に流出していく傾向にあります。

特に不動産は影響を受けやすく、金相場にも大きな変動をもたらす要因のひとつ。

ヨーロッパ諸国ではユーロ建ての金価格が上がってくるため、金を売ってドル資産を買う動きもでてきます。

また、産金諸国通貨建ての金価格が上がることで売却額が上がり、生産量と輸出量も増えることに。

さらに、ドルが上昇すると米国の輸入コストが低下し、輸入物価が低下。

このことからインフレが抑制され、ヘッジとしての金投資にも資金が流れにくくなります。

このように、ドル建てである以上ドルそのものの相場に左右され、株式・不動産・ドル資産への資金流出から上下することも考えられます。