ポルトフォイユ サラ 査定実例

比較的多く持ち込まれることがあるルイ・ヴィトンのポルトフォイユ サラ

ポルトフォイユ サラ

モノグラムは表面にキズが付きにくく、目立ちにくい素材ではありますが、角部分のスレやボタン部分の使用感には注意が必要です。

また、使用感のあるものは糸のほつれが目立つ場合も。

数年使用された物である場合、カードポケットが膨らんでいないか、コインケース部分がよれていないか、など内部もしっかりとみておく必要があります。

ボタン金具も長年使用されている場合は削れて止まらなくなってしまっているものがあります。

こういった実用にかかわる部分は二次流通の業界ではかなり査定額が低くなってしまい、修理も日数がかかるため、その点をしっかりお客様にご説明し、ご納得いただいた上で査定額に反映させます。

金具部分

使い込まれている場合、金具も劣化は免れません。こういった細かい部分も考慮の上査定するようにしましょう。