南船場店にて真贋鑑定講習を行いました

3時間集中コースのご依頼をいただきましたので、ルイ・ヴィトン、エルメス、シャネルを中心にブランドバッグの真贋鑑定について講習を実施

まずは受講いただく方のご要望をヒアリングいたします。その中で「どんなブランド品を買取するのか」「苦手なブランド」「これまでの買取で困ったこと」などをお聞きします。

こういったご要望をお聞きした上で、受講いただく方が今、本当に知りたい内容を絞り込んでいきます。

ルイ・ヴィトンを基本に

世の中には本当にたくさんのブランド品がありますが、基本的に見る部分はほとんど一緒です。

金具、縫製、素材の質感、色合い、ロゴ、刻印など。

これらを実物を見て触りながら講習を進めていきます。

img_4101

表面の質感、触感の違い。

img_4110

金具の作りや刻印の入り方。

img_4119

ファスナーのメーカーや縫製の向き、糸の種類、カラーや縫い目など。

基本となる真贋鑑定の知識はルイ・ヴィトンのバッグ。

かなり古いものでも作りがしっかりとしており、縫製やロゴの精度が高いことから、偽物との差がわかりやすいというのもポイントです。

時間が限られておりますので、真贋鑑定において必要となる基礎知識を身に付けて頂くことを第一として講義を進めました。

一ヶ月、二週間、一泊二日から3時間集中まで、受講いただく方のご都合に合わせた講義が可能なので、お気軽にご相談下さい。