ボロボロ、クタクタになった商品でも買取は可能です

当勉強会でもよくご質問をいただくのが状態が良くないブランド品の取り扱いです

%e3%83%80%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b83

かなり使い込んだものになると買取ができないのではないか、買い取っても販売ができないだろう、とお考えの経営者様は多いですね。

しかし実際にこういった程度の良くないものに関してはかなり安く仕入れることができるという利点もあり、利益を出すことは難しくありません。

もちろんそのまま右から左では価値を生み出すことは難しいですが、補修・クリーニングを行うことにより、元の状態よりも見栄えよく仕上げる事ができます。

ルイ・ヴィトンのヌメ革部分も専用のお手入れを施すことで、色合いを均一にでき、もう一度商品として流通させることも。

ブランドバッグはただ単に高価なだけではなく、丈夫なつくりになっていますので、補修すればまたバッグとしての使用に耐えられるということは常に念頭に置いて買取すべきです。