ルイ・ヴィトン エピ素材の査定時の注意

風に揺れる稲穂のように見えることからフランス語で麦の穂を意味する「エピ」と名づけられました。

かなり厚手のカーフを使用しており、タンニンでなめしているためかなり強い素材です。

エピ素材

しかしながら、底面などスレが生じる部分では変色したり、剥がれてしまうこともあります。

元々しっかりと型押しされており、光の加減では見づらい場合もありますが、査定の際には表面も入念にチェックする必要があります。