金価格の上昇は落ち着いた流れに

45代米国大統領選はドナルド・トランプ氏の勝利となり、金の価格高騰が懸念されていましたが、現在の金市場は落ち着いた流れになっています。

しかし、トランプ大統領の誕生に応じて、世界的な経済の不確実性は高まっています。

トランプ氏は、5月にCNBCのインタビューで、「金利を上げればドルが強くなりすぎ、非常に重大な問題を引き起こす」と強調していました。

トランプ氏は金利を上げるとドルが強気を帯び、米国の輸出企業の収益は悪化すると考えているようです。

さらに、中国の為替操作を非難し、阿部政権の円安政策にも否定的であるため、米ドルの強さを触発する金利の引き上げに対しては積極的ではないとみられています。

日本の証券市場は大きく下落しており、金価格以外の相場は大きく変動しています。

買取時にはこまめな価格の推移チェックが必須ですね。