貴金属とは

貴金属とは

貴金属とは一般的に産出量が少なく、貴重な金属を指します。

金・プラチナ・銀などが代表的な貴金属であり、酸やアルカリに強く、美しい光沢を保つことができる性質を持っています。

科学的に貴金属として分類される元素には以下のものがあります。

金 (Au)
銀 (Ag)
白金 (Pt)
パラジウム (Pd)
ロジウム (Rh)
イリジウム (Ir)
ルテニウム (Ru)
オスミウム (Os)

この8種類の貴金属のうち、金、銀、白金(プラチナ)、パラジウムの4種類とその合金がジュエリー用の貴金属として扱われることが多い。

イリジウム、ルテニウムは白金(プラチナ)の割り金として使用され、ロジウムはジュエリーのメッキ素材として利用されている。

また、産出量は多いものの、加工場の性質と用途から銅を貴金属の一種として扱う場合もあります。