EXILE・三代目JSoulBrothersのNAOTOさん、Kis-My-Ft2(キスマイ)の玉森さんはブレスレットを着用されていた、カルティエ Juste un clou(ジュスト アン クル) コレクション。

カルティエ=LOVE(ラブ)コレクションと多くの方は連想されるでしょうが、Juste un clou(ジュスト アン クル)コレクションは良い意味で期待を裏切ってくれるコレクションです。

1本の釘をモチーフにした斬新なコレクション

見て分かるとおり、Juste un clou(ジュスト アン クル)コレクションは『釘』がモチーフ。

2012年に発表されたコレクションですが、当時カルティエが『釘』をモチーフにしたコレクションを展開するということで衝撃を受けました。

un clou(アン クル)は、フランス語で「一本の釘」を意味するコレクションは、名前のとおり、1本の釘を指輪やブレスレット、ネックレス、イヤリングにした「ロック」テイストなジュエリーが並びます。

1970年代のニューヨークをから着想を得て誕生した、Juste un clou(ジュスト アン クル)コレクション。

当時のニューヨーカーたちの空気を感じることができる、唯一無二のジュエリーです。

Juste un clou(ジュスト アン クル)の買取

Juste un clou(ジュスト アン クル)の指輪やブレスレット、ネックレス、イヤリングなど全般的に品薄につき、当店では買取相場が高くなっています。

ダイヤモンドをセットしたモデルは純正は勿論、アフターセッティングでも高く買い取ります。