一般的な腕時計と言えば、丸あるいは四角い形状の文字盤を頭に浮かべると思います。機械式・クォーツ問わず、古くから使われているため、文字盤の形を意識することはほとんどないでしょう。縦に細長い形状の文字盤も時折見かけます。

しかし、そのような概念を打ち破ったのがティファニー イースト ウェストです。イースト ウェストはティファニーのウォッチコレクションの一つで、縦ではなくあえて横に大きく広げたデザインが特徴になっています。

これは1940年代に作られたパースウォッチからアイデアを得ていることに由来します。スイス製のムーブメントが採用されており機能は高品質です。

全体的にスリムな形状になっていますが視認性は高く、時計を腕に装着したとき楽に時刻を確認できます。

文字盤のデザインは非常にクラシカルで、数字と針以外に余計な装飾がありません。

シンプルで実用性の高い時計を求める方や、昔ながらのクラシカルなデザインの時計が好きな方におすすめだと思います。中古市場でも人気が高く、買取価格もそれなりに高めです。