ジーン・シュランバーセーは、20世紀半ばに活躍したジュエリーデザイナーです。自身の名を冠したコレクションがティファニーにあります。エルザ・スキャパレリの下でジュエリー制作に関わり、1956年から正式にティファニーのデザイナーになりました。

植物や動物など、多様な自然からインスピレーションを得ており、独創的なアイテムの数々を生み出しています。コレクションのジュエリーも自然にインスパイアされた美しいデザインが主軸で、世界中の多くの女性を虜にしています。

ジーンシュランバーゼーはリングやブレスレット、ピアスなど、様々アイテムがラインアップされています。

ティファニーの代表的な宝石とも言えるダイヤモンドをあしらったものが多い一方で、18Kゴールドとラピスラズリを使ったチャームなどもあります。

どのアイテムもエレガンスで優しい雰囲気を漂わています。鳥や魚をモチーフにしたクリップなどもあり、遊び心があふれたコレクションです。中古のジーンシュランバーゼーを求める方も多く、買い取るお店も多くなっています。