アルハンブラの縁取り部分のコントゥール ペルレをモチーフにしたコレクションがペルレです。

ヴァンクリーフ&アーペルといえば、アルハンブラが象徴のデザインとして知られています。

アルハンブラは、ゴールドのビーズで周りを縁取っているからこそ表現性に優れているのです。これがなければ、せっかくの崇高なデザインも目立ちづらくなります。

つまり、アルハンブラとペルレというのはお互いに必要不可欠な作りなのです。

アルハンブラの魅力を引き立たせるのは、ペルレのおかげなのです。実際、アルハンブラ以外のペルレコレクションは、ビーズの均衡性によってエレガントな雰囲気をより一層感じさせます。

縁取りがあると無しでは、同じ作品でも全く違って見えます。大小の金色のビーズを連ねたバングル ブレスレットなどやリングなどは、見た目だけでもエレガントな作りを感じさせます。

デザインのバリエーションも色々ありますので、自分のお好みのものを選ぶことも可能です。