ヴァン クリーフ&アーペルを知るためには、この人の存在を知ることが不可欠です。その名は、ピエール アーペルと呼ばれる人物です。

この人物は、ヴァン クリーフ&アーペルの2代目でありながら、メゾンをブランド化した大人物なのです。彼は、1964年の『ファントマ危機脱出』という映画に出演しています。

本人役として登場した彼は、ジュエリーと同じように、エレガントかつ控えめなイメージです。宝石・時計のデザインにあたって、彼は心血を注ぎ、品質と付け心地にこだわった作品だけを作ることに専念していたそうです。この姿勢が認知されることで、ヴァン クリーフ&アーペルが一躍ブランド化したのです。

特に彼のこだわりの詰まった「ピエール アーペル」は人気が高いです。高級感を見せつけるようなこともなく、密かに漂うエレガンスさは男女問わず人気です。

薄型のケースも袖口からうっすらと覗く程度ですので、さりげなく存在感を示すといった作りも人気の秘密です。文字盤も他の時計に比べて見やすく、腕時計としての役割もきちんと兼ね備えているジュエリーです。