エメラルドのカッティングでよく用いられることがある。
長方形にかたどるのが基本であり、各コーナーを切り取ったシェイプにカッティングされるのも特徴である。

平面が広くカットされるため、傷やインクルージョンが多い結晶のものはかえって美しさを損なう恐れがある。
しかし、透明度の高い結晶を用いるとラウンドブリリアントカットとは異なるっすんだ凛とした美しさにあふれるカットになる。

平面に対する各四隅のバランスやカットの正確さも評価を分けるポイントだ。
<h2>エメラルドカット、バケットカットがおススメの宝石</h2>
トルマリン、アクアマリン、タンザナイト