小判型の外見をもち、ダイヤモンドで採用される場合は58面体をもつブリリアントカットにされる。

このカットを選ぶ時は透明度や輝きをチェックするのと同時に全体のプロポーションから受ける印象を大切にすることが重要である。

簡単に言えば、姿が美しいと感じられるかどうかで、輪郭のバランスなどが影響しているため、これだけでも受ける印象は大きく変わってくる。
中でも、多色性、変色性のある宝石はオーバルカットに施すと美しさを引き出されます。

オーバルカットは一番ポピュラーなカッティング、だからこそカットのバランスが重要になります。

オーバルカットがおススメな宝石

タンザナイト、アンダリュサイト、アレキサンドライト、パライバトルマリン