~やさしく気品漂うパープルはどのようなシーンでも~
アメシスト/アレキサンドライト/ジルコン/ターフェアイト/ハックマナイト/ラベンダー翡翠

紫と言えば流通量も多く、比較的大粒石がみられるアメシストが思い浮かぶのではないだろうか。
パープルに関しても彩の幅がかなりあり、どれも個性を極める。

ただ言えることは、どのジェムストーンに関しても嫌味がない。
上品で大粒でも下品にならないのが紫のなせる技だろう。

ラベンダー翡翠に関して言えば、アジアでは認知度が低いが欧米ではグリーンの翡翠よりも人気が高く知名度も高い。
ラベンダーという癒し効果を持ったハーブのやわらかな雰囲気をそのまま付けた色合いは
国や地域によっても好みが大きく分かれるのである。

好みの色調、明るさのパープルで上品なコーディネートを完成させてほしい。