ルビーのジュエリー(指輪、ネックレス、ペンダント、ブレスレット、バングル、イヤリング、ピアス)はもちろん、裸石(ルース)も高価買取!
鑑定書がなくても、買取させていただきますので、売却をお考えの方はぜひご相談ください!

ルビーとは

ダイヤモンド、エメラルド、サファイアと共に<世界四大貴石>に数えられてきたルビーは、美しい赤色の宝石。

その美しい赤色から「宝石の女王」と呼ばれてきた宝石でもあります。

7月の誕生石としても有名で、日本国内では女性からの人気の高い宝石です。
また、古代ローマでは、戦場に赴く兵士がルビーを身に付けたことから、「勝利の石」とも言われます。

サファイアと同じコランダムの中で、赤色の石だけをルビーと呼び、その他の色の石はサファイアと呼びます。サファイア同様に、ダイヤモンドに次ぐ硬度を持っています。

透明度の高い石から不純物が多く透明度の低い石まで産出されますが、ダイヤモンドなどの宝石と同じく、不純物が少なく、透明度の高いルビーの価値が高くなります。

良質のルビーが産出される地域が少ない上に、地域が限定されていることや、3カラット以上の大きな原石がほとんど産出されないのもルビーの特徴。

また産出地にしても、ヨーロッパやアメリカなどでは採れず、ミャンマー、スリランカ、タイ王国、カンボジア、タンザニア、マダガスカルが主な産出地です。

「ピジョン・ブラッド」と呼ばれる、最高品質のルビーはミャンマーで産出されます。

世界的に有名なルビー

・デ・ロング・スタールビー…ミャンマー(ビルマ)のモゴック鉱山で産出された、100ctもの巨大なルビー。スターが出ており、とても価値のあるスタールビーです。このルビーの逸話として有名なのが、アメリカ自然史博物館で展示されたいた際に盗難にあってしまったということでしょう。モゴックは、ルビーの最高品質と言われる、ピジョン・ブラッドの産出地としても有名です。

・ピジョンブラッド…ミャンマー・モゴック地区でのみ産出される、理想的な赤色のルビー。ルビーの中でも最高品質と言われています。純天然非加熱ルビーは、海外オークションハウス(サザビーズやクリスティーズ)で高額取引されています。日本に入ってくるルビーのほとんどは、「ビーフブラッド」と呼ばれる、加熱処理を施されたルビーです。

ルビーの買取について

ダイヤモンドと異なり、世界共通の鑑定基準(4C)がルビーなどのカラーストーンにはありませんので、店舗様によってはルビーに買取価格をつけられない店舗様があります。

ルーチェでは、鑑定士の研修プログラムがしっかりとありますので、明瞭な査定をさせていただくことが可能です。

ルビーなどのカラーストーンを使用したジュエリーには、パヴェダイヤモンドがセットされていることが多いですが、ルーチェならこのパヴェダイヤモンドにも買取価格をつけることが可能です!

他店舗様で、買取価格のつけられなかったルビーのアクセサリーがございましたら、ぜひルーチェ銀座本店までご相談ください!