ルビーは産出される国によって個性が大きく異なるため産出国による個体差は特によく把握しておくべきである。

これまでルビーの主要産出国とされてきたのが、ビルマ(ミャンマー)、タイ、スリランカ、ベトナム、カンボジアなどの東南アジア諸国である。
なかでも最高品質のルビーを多く産出してきたとされるのがビルマだ。

ビルマの一番の特徴は濃度を保ちつつ柔らかな赤色を有していること。
最高級のビルマルビーの市構想は、鳩の血の色に似ていることから「ピジョンブラッド」と形容されている。
インクルージョンが少なく輝きの良いピジョンブラッドルビーはダイヤモンドをしのぐ評価を受けることも珍しくない。

ビルマに次いで重要な産出国であるのがタイで、産出量はビルマを上回る。
タイルビーの特徴は「ビーフブラッド」と形容される、やや黒みがかった赤色にある。ビルマルビーの最高品質には及ばないものの質の良い決勝も産出されている。

その次がスリランカ。やや淡めの赤色で「チェリーレッド・チェリーピンク」と形容される。
その彩からピンクサファイアに鑑別されてしまうこともしばしばだが、スリランカ産のルビーは良質なものが少ないというのが現状である。

そのほかの産出国で採られるルビーは、ビルマ産の一級品と見比べればどれも見劣ってしまう…
もしも予算が限られていないのならば最高品質の1ct~のピジョンブラッドルビーを確保していただきたいですね。