サファイアの産地

ビルマ、タイ、インド、スリランカ、カンボジア、オーストラリア、
アメリカ、タンザニア、マダガスカル。

サファイアの種類

非加熱(ノンエンハンスメント)サファイア

サファイアは特にインクルージョンの多いカラーストーンであり、
同じコランダムに属するルビー同様に一般的に色の改善を目的とした加熱処理(エンハンスメント)が行われている。
これは内部に含まれる不純物を取り除き、サファイアのもつ潜在能力を引き出すための行為とされる。

しかしまれにそれらの処理をなさずとも美しい結晶が存在する。
これらは透明度があって若干ベルベティ(ビロードのような)で、独特の味わいが特徴である。

スターサファイア

サファイアの原石の中にはシルクインクルージョンが入り込んでいるものがある。
内包物が針状に密集して入り込んだ結晶にカットを加え、交差する光が帯となって現れる。
これをアステリズム効果、別名スター効果を呼ぶ。
インクルージョンが特殊効果を生み出すもとになるため、
すっきりと澄んだ印象のスター石はなかなかお目にかかれない。

深みのあるインクブルーにシャープに線が入っているものが最高品質である。
相対的な評価よりも好みによって選択することをお勧めする。

ファンシーカラーサファイア

ピンク、オレンジ、イエロー、ゴールデン、グリーンと様々な彩がある。
基本的にブルー以外すべてがファンシーカラーに分類される。

パパラチャサファイア

ピンクの中でも限られた色合いに与えられる名前であるパパラチャサファイア。
ピンクとオレンジの絶妙な色合いと美しさ、スリランカでしか採れないという希少性もあって
キングオブサファイアという称号が与えられる。

スリランカの言葉シンハラ語で「蓮の花・蓮の花のつぼみ」を意味し、世界中の女性を虜にしている