ダイヤモンドのグレードには4Cという世界的な基準があります。

カット、クラリティ、カラット、カラー、この4つの基準でダイヤモンドのグレードは基準が設けられており、ルーチェでも買取の査定を行う場合は必ず確認させていただく項目でもあります。こちらではダイヤモンドの4Cについてご説明させていただきます。

カット(研磨)

形と仕上げについての評価です。EXCELLENTを最高とし、VERY GOOD、GOOD、FAIR、POORの5段階に分けられます。

他の評価が自然に作られたものに対しての評価であることに対し、唯一、人が加工した結果に対する評価となります。

さまざまなカット方法がありますが、カットの評価が設けられるのはラウンド・ブリリアント・カットのみとなります。

クラリティ(透明度)

ダイヤモンドの透明度についての評価となりますが、色合いではなく、内包物(インクルージョン)とキズ(ブレミッシュ)の有無によって決定されます。

天然のダイヤモンドが自然に形成される中で、内包物やキズが発生します。

クラリティ評価では内包物・キズの数や性質、位置やサイズがダイヤそのものの美しさにどの程度影響を与えているか、を基準としています。

カラット(重量)

国内ではよく「大きさ」という意味合いで用いられることがありますが、カラットとはダイヤモンドの「重さ」を表す単位となります。キャラット、と表記されることも。

1カラットは200ミリグラムであり、ダイヤモンド全体のグレードに対してかなり大きな影響がある評価となります。

カラー(色)

一般的にはダイヤモンドは無色透明に近いほどグレードが高くなります。

D:無色透明
G:ほぼ無色
K:わずかな黄色
N:非常に薄い黄色
S:薄い黄色

DからZまでグレードが分けられており、マスターストーンと呼ばれる基準石と比較して決定されています。

※一部のカラーダイヤは無色透明のものより遥かに高い価格で流通しています。