クルーガーランド金貨(発行元:南アフリカ共和国 品位:916/1000 K22製)

かつて世界で最も流通していた投資型金貨で、1980年代には日本でもブームとなりました。
その後、人種差別政策への抗議として、各国でクルーガーランド金貨の輸入が規制されたため、衰退した過去があります。
現在は、限定品としてのみ僅かな数量が販売されています。
表面に名称の由来となっている、トランスヴァール共和国の元大統領であるポール・クリューガーの肖像が描かれています。

主に4種類/1oz、1/2oz、1/4oz、1/10oz

イーグル金貨(発行元:アメリカ合衆国造幣局 品位:916/1000 K22製)

表面にアメリカ合衆国の国鳥であるイーグル、裏面に自由の女神像が描かれた、有名な金貨です。
元々はアメリカ合衆国で使用されていた10ドル金貨ですが、1986年以降に発行された地金型金貨をイーグル金貨といいます。
現在の地金型金貨の主流はK24金貨ですが、デザイン性などから収集家に人気があり、プルーフタイプの収集型金貨も販売されています。

主に4種類/1oz、1/2oz、1/4oz、1/10oz

ブリタニア金貨(発行元:イギリス王立造幣局 品位:916/1000 K22製)

2012年に発行25周年を迎えた、イギリス ブリタニア金貨。
イギリスを擬人化した女神のモチーフ“ブリタニア女神”が描かれており、イギリスでは、多くの芸術家や彫刻家たちがブリタニアの美しさに魅了され、切手やメダルにも描かれるほどの人気を得ています。

主に4種類/1oz、1/2oz、1/4oz、1/10oz

ソブリン金貨(発行元:ロンドン王立造幣局 品位:916/1000 K22製)

500年を超える歴史を持つ、イギリスのソブリン金貨は、イギリスの1スターリング・ポンドに相当する金貨。
ヘンリー7世によって発行が開始されたソブリン金貨は、現在でもその美しいデザインから大変人気の高い金貨のひとつです。
“竜を退治する聖ジョージ”の絵柄は、ウィリアム王子と妻キャサリン妃の第1子、ジョージ王子の誕生を祝う記念銀貨にも採用されており、普遍的な人気を誇る絵柄です。