金無垢 サブマリーナ Ref.16618SGの後継として、2008年に登場したRef.116618GLBは、イエローゴールドのケース・ブレスにブルーセラミックベゼルとダイヤルに8Pにダイヤの組み合わせという非常に豪華な一本です。

前モデルのRef.16618SGは、文字盤にダイヤの他にサファイアもセッティングされていました。同じマリン系のラグジュアリーウォッチであるヨットマスターに配慮した?のかは不明ですが、Ref.116618GLBでは8Pダイヤのみのダイヤルとなりました。

因みに、Ref.16618SGのSはサファイア、Gはダイヤを表す記号になります。

サブマリーナの特徴

300メートル防水を備える本格的なダイバーウォッチのサブマリーナですが、オン・オフに使えるデザインでロレックスのスポーツモデルの中でも上位の人気を誇ります。

2008年のモデルチェンジでセラミックベゼル、ブルーパラクロムヒゲゼンマイ、クロマライト夜光、グライドロッククラスプなど様々なパーツが進化しており、ダイバーズウォッチの最先端を走り続けるモデルです。

とはいえ、金無垢のサブマリーナは海中よりリゾートのビーチが似合う時計ですね。金無垢に8Pにダイヤをセッティングした青サブ Ref.116618GLBも見逃せませんね。