2012年のバーゼルワールドで発表された、ヨットマスター ロレジウム Ref.116622。新型モデルはブルーダイヤルを追加して登場しました。

ヨットマスターは同じダイバーズウォッチのサブマリーナがプロ仕様の本格派に対して、ヨットなどを楽しむセレブのための時計という位置づけです。

ロレジウム

1999年にヨットマスターに加わった素材がロレジウム。ROLEX(ロレックス)+SS(ステンレススチール)+PLATINUM(プラチナ)を合わせた造語と言われています。

ヨットマスター ロレジウムの特徴

ベゼルとダイヤルにはプラチナを使用していまして、両回転式のベゼルはエンボス加工が施された独特のデザイン、赤文字のペットネームが特徴的です。

キャリバーはサブマリーナと同じCal.3135を搭載していますが、防水機能は100mまでになっています。

ロレジウムの文字盤が2カラーに対して、ロレゾールの文字盤は、ホワイト・シャンパン・グレー・ブルーの4色で展開されています。