ロレックスの防水性能の集大成と言えるのが、シードゥエラー ディープシー Ref.116660です。

2008年、1220m防水のシードゥエラーの後継機として登場したディープシーは3900m防水を備え、その名の通り、深海へのアプローチを可能にしたモデル。

3900防水を誇るダイバーズウォッチ

シードゥエラー ディープシーは、「リングロックシステム」という新開発の防水構造により、機械式腕時計最高峰の3900m防水を実現しています。

製造工程において、最初のシードゥエラー開発の時代からパートナーとしている、COMEX社が開発した高圧タンクで防水検査が行われています。

ロレックスのラインナップにおいて最大の44mmサイズのケース、ダイバーズウォッチの定番 逆回転防止のセラミックベゼル、視認性の高い文字盤、904Lスチールで製造されたダブル エクステンション ブレスレットなど優れた機能とデザインを両立しています。